--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.08

カツラノハイセイコ号が死亡

第46回東京優駿 日本ダービーを優勝したカツラノハイセイコ号(牡33歳)が、10月8日(木)JBBA那須種馬場(栃木県那須塩原市)で老衰のため死亡しました。

カツラノハイセイコ号は、国民的アイドルであった父ハイセイコ号が成し遂げることができなかった日本ダービーを優勝し、父の無念を晴らしました。

父の無念を息子が晴らす。

競馬は、情に厚い社会です。
このことは、馬のみならず騎手や調教師にも当てはまります。

9月18日(金)横山富雄元騎手がご逝去されましたが、息子のダービー制覇を心から喜んでいらしたと思います。
推測ですが、病状はダービーの頃から重かったのではないかと思います。

ご冥福をお祈りいたします。     合掌
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://ataribakenget.blog71.fc2.com/tb.php/5-c96abe4e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。